嘘に踊らされない乾燥肌化粧水おすすめランキング

乾燥肌用化粧水を選ぶのは基本中の基本

おすすめは専用品

乾燥肌を改善させるのに、避けては通れないもの

それはやはり化粧水になります

最近では化粧水を使わない方が、乾燥肌には良いというとんでもない意見が出てますが、全く逆です

 

確かに、化粧水を使うことで、肌がカサカサになるケースもあります

それは、商品自体、全く肌に合わないか、若しくは刺激の強い乾燥肌タイプでないからです

乾燥肌専用化粧水というのは、探しても滅多にありません

 

ところが、ネットや通販、ドラッグストアーでは、弱酸性だから肌に優しいというだけで乾燥肌用として販売しています

肌は確かに弱酸性になりますが、同じだからといって、肌に優しいという理由にはなりません

また、弱酸性化粧水で多々問題になるのが、合成界面活性剤などの問題もあります

乾燥肌専用化粧水おすすめはこちら

まず、メーカーが乾燥肌専用の化粧水であると自負していること

非常に重要です

2015年1月22日現在

乾燥肌おすすめ化粧水ランキング

ではランキングスタート!

アトピースキンでも使用できる

オージュンヌ
オージュンヌサムネイル

敏感肌や乾燥肌、刺激に弱いアトピー肌専用の化粧水です。もちろん乾燥肌に優しいだけではありません。美肌に変える美容成分も含まれている美容液でもあります。日本で一番売れている敏感肌専用化粧水です。現在キャンペーン対象品ですので、半額でご利用できます

オージュンヌ公式はこちら

価格 容量 キャンペーン
  3,990円   200ml
送料無料 50%オフキャンペーン

 

メーカーpolaが作った乾燥肌化粧水

ポーラ モイスティシモ
モイスティシモ

乾燥肌の原因となる角層細胞自体の機能を回復するのが、モイスティシモの特徴です。固くごわついた肌や、乾燥によるシワをケアします。また、今ならモニター価格でのセット販売も行っています。メーカー化粧品は高くてなかなか手が出ない人でも、今なら気軽にお試しできます。このチャンスにどうぞ!

ポーラモイスティシモの公式はこちら

価格 容量 キャンペーン
4860円 125ml
(約100日分)
全額返金有り
2週間セット販売キャンペーン
(送料・手数料無料3456円)

 

プラセンタ化粧水で肌力アップ

母の雫
母の雫サムネイル

洗顔後につっぱる肌や、化粧水を付けてもすぐに乾燥した感じになる人は、肌自体が弱っている傾向にあります。プラセンタ化粧水【母の雫】は、本来肌が持っている保水力をアップさせる美容成分が含まれています。楽天でも化粧水ランキングで満点の評価を受けています。是非一度お試しください

母の雫公式はこちら

価格 容量 キャンペーン
3,500円 122ml
3本セット割安

保湿さえできれば化粧水としてOKとなるのは、健常な肌質であることが条件となります

また、乾燥した肌のまま放置していると、痒みや炎症を起こす原因となります

毎日のスキンケアで、色々なことを取り組んでいても、肝心の化粧水が、乾燥肌専用でなければ本末転倒と言えるでしょう

コラーゲンやセラミド入りを過信するな

セラミド入り化粧水は効くの?

コラーゲン入りや、セラミド入り化粧水

非常に注意が必要となります

まず、肌に直接つけた栄養素は、分子量の関係で、そのまま体内に取り込まれることなどありません

 

一時期、話題になりましたが、ステロイドホルモン外用剤を、塗った場合、体内に蓄積されて酸化する

酸化コレステロール(酸化ステロイド)がアトピー悪化の原因となる

ところが、その後の調べで、ステロイドの分子量が大きすぎて、体内には蓄積されないということが分かりました

 

化粧水でもクリームでも、コラーゲンやセラミドを配合している商品が多々あります

ところが、ほとんどは蒸発してしまうか、仮に体内に入り込んでも、肌に潤いを与える程度の影響など無いと言えるでしょう

ただ、単に高いだけで、無意味なコラーゲン・セラミド入り化粧水は、使うべきではないと言えます

成分で判断するとき、必ず含まれていなければならないってわけではないので、無理して買うこともないでしょう

 

ネットでの嘘が多い理由

化粧水を選ぶ際に、ある共通したことに気づきます

それは、大半の化粧水が、弱い肌の人向け、敏感肌や乾燥肌の人向けに書かれていることです

つまり、選ばなくても、大半の化粧水は、肌荒れの人には最適だと言えます

 

しかし、これはある意味、メーカー側の手抜き広告だと言えるでしょう

何故なら、大半の人は、デリケートな肌には優しい化粧水を付けたい→当社の製品は弱酸性だから安心→乾燥肌の人向けと言っても良いだろう

乾燥肌の人向けと言えば、敏感肌の人もアトピースキンの人も購買対象になります

 

多くのユーザーを取り込むのに、行われている戦略に、私たちは騙されているわけです

 

化粧水の役割を見直そう

何故化粧水を貴方は使うのですか?

保湿のためですか?美容のためですか?

まず、化粧水というのは、基礎化粧品の一種になります

 

そして何より重要なのは、一番最初に素肌に付ける商品になるのです

例えば、クレンジングなどの洗顔を行った際に、何をしますか?

大半の人は、タオルで優しく水気を取った後に、化粧水を付けると思います

 

つまり、地肌に直接塗り込むイメージのある化粧水

だからこそ、肌に与える影響は大きいと言っても過言ではないのです

美容液を使うなら化粧水の後で

最近ではオールインワン化粧品に代表される、一本で複数の役割を持つ物が増えてきました

化粧水の中に美容成分が含まれているタイプであれば、苦労せずともすぐに見つかります

しかし、中にはお気に入りの化粧水と美容液が明確に分かれている人もいるのではないでしょうか?

 

その場合、化粧水と美容液

洗顔後、どちらを先に使うか悩むところです

顔を洗って、水分が浸透しているうちが、一番肌に沁み渡ります

 

美容液の方が先に使うように思えますが、正解は化粧水になります

化粧水の目的として、肌の保湿があります

美容液を先に付けてしまうと、肌の上で蒸発しやすくなり、中にまで浸透しにくくなるのです

 

反対に化粧水を付けて美容液を使うと、先に付けた化粧水が肌を保湿した状態にして、美容液を浸透させやすくします

また、肝心の成分が飛びにくくなるのです

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。