オイリー肌なのに乾燥がつらい・・・

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

間違えやすいスキンタイプ ー オイリードライとは

自分の肌のタイプはオイリー肌だから乾燥とは無縁と思っていたのに、最近肌の乾燥が気になる・・・と思いませんか?

でも、相変わらずテカリや化粧崩れが気になるのに、本当に乾燥肌になったのかな?

どうやら、それは違うようですよ。

実は乾燥肌の反対はオイリー肌と思われがちですが、実はそれは間違いなんです。

簡単に話すとオイリー肌とは油分の多い肌のこと。

乾燥肌というのは水分の少ない肌のこと。

「油分が多いか少ないか」、「水分が多いか少ないか」でスキンタイプが区別されるので、肌のタイプは4つのタイプに分けられます。

4つのスキンタイプと敏感肌と混合肌

スキンタイプは大きく分けて4つのタイプがいます。

  • ノーマル肌・・・・・・油分が少なく、水分が多い
  • オイリー肌・・・・・・油分も水分も多い
  • 乾燥肌・・・・・・・・水分も油分も少ない
  • オイリードライ肌・・・油分が多く、水分が少ない

人の肌質は、たいていこの4つのタイプになります。

この肌質をベースに刺激に弱い体質の場合は敏感肌となります。

じゃあ、スキンケア化粧品で言われている混合肌用って何でしょうか?

オイリードライ肌の人が勘違いして買いやすいのも、この混合肌用。

でも、実はオイリードライ肌の人が混合肌用のスキンケア化粧品を使うと失敗する可能性が高いんです。

混合肌なんていう肌質はないんです

実は混合肌という肌質、厳密にいえば「存在しない」んです。

この混合肌というのは、化粧品業界でのみ使われるスキンタイプで、オイリードライ肌用と思われがちですが、実は別ものなんです。

オイリードライ肌は肌全体が「油分が多く、水分が少ない」状態の肌をいいますが、混合肌は「ここはオイリーだけど、ここはドライ」という肌のことを言うようです。

つまり、混合肌とは「額や小鼻はオイリーだけど、頬は乾燥する」というもの。

でも、これってどの肌質の人にも当てはまることですよね。

ということは、どのスキンタイプであったとしても混合肌ということになります。

オイリードライ肌なら、まずは乾燥から防ぎましょう

じゃあ、オイリードライ肌はどのスキンケアタイプを選んだらいいの?と思いますよね。

まずは、乾燥から防ぐことが大切です。

油分が多いのは、こまめにハンカチやティッシュなどでコントロールがききますが、乾燥はなかなかコントロールができません。

また、年齢による油分の増加は実は水分不足を補うために、体が持つ保護作用によって増えていることがあります。

肌の乾燥を防ぐために乾燥肌用化粧水を使ったら、油分も減ったという事例も多いですよ。

コメントは受け付けていません。