クレンジング剤の選び方

クレンジングサムネ

クレンジングは注意が必要

クレンジングはオイルじゃなきゃ!と思っている方はいませんか?
最近ではオイルタイプのクレンジング剤が豊富に出回っています。
ポイントメイクなどはオイルタイプのものが落としやすいことは確かです。
でも、オイルタイプのクレンジング剤には界面活性剤が多く含まれています。
キッチン洗剤などと同じように洗浄力は高いのですが、肌のうるおい成分まで落としてしまうので乾燥したり、トラブルを引き起こすもととなってしまいます。
これはオイルタイプだけでなくどんなタイプのクレンジング剤にもいえることなのでクレンジング剤はつけたらすぐに落とす習慣をつけましょう。
よくすべりがよいからとクレンジング剤でマッサージをする方がいらっいますが、肌を傷めてしまうのでマッサージはマッサージクリームを使って行なうようにしましょう。

それならばクレンジング剤は使わないほうがいいのではないかと思う方もいるかもしれません。
洗顔剤だけでも二度洗いすれば十分ではないかといわれそうです。
でも、洗顔剤だけではメイクは落ちません。
正しい量と方法で使用すれば不必要に恐がることはないのです。

乾燥肌専用おすすめクレンジングランキング

クレンジング剤の選び方

クレンジング剤にはいろ炉な種類があります。
肌状態や、メイクの状態などで何を使うか変えていきましょう。
・フルメイクの時
オイルタイプのクレンジング剤を使いましょう。
皮膚の薄い目元や口元はコットンや麺棒を使って優しくメイク落しをしましょう。
その後、顔全体にオイルを馴染ませ優しくふき取るか水で洗い流しましょう。

ナチュラルメイクの時
ジェルやミルクタイプのクレンジング剤を使いましょう。
ポイントメイクをクレンジング剤が馴染むまで時間を置いてから落とせばメイクが落ちないといった心配はしなくてすみます。
フルメイクの場合でも、ナチュラルメイクの場合でも、100%化粧落しをしようと考えるのではなく、60%くらいの感覚で考えましょう。
クレンジング剤を2度使うのではなく、洗顔料を正しく使えばよいのです。

メイクをしていない時
メイクをしていなければクレンジングの必要はありませんが、BBクリームは使っていないでしょうか。
BBクリームは誤解されがちですが、メイク落しに関してはファンデーションの仲間だと考えておきましょう。
クレンジング剤を使って手早く落としましょう。

トラブル肌
敏感肌だったりにきびがひどかったりなど様々なトラブルを抱えている肌には刺激の強いものは禁物です。
クレンジング剤はクリームタイプのものがおススメです。

コメントは受け付けていません。