肌トラブルを考えてみる 2

1.ストレスから自分を守りましょう

肌トラブルとの関係で見落としていけないものにストレスがあります。

現代社会はストレス社会とも言われるほど子供から大人まで、さまざまなストレスを受けて暮らしています。
自分が自覚していないで受けているストレスというものもあるようです。
ストレスはその人の一番弱い部分を狙って出てくるといわれます。
どうしてそのようなことが起こるかといいますと、ストレスを受けると①体内に活性酸素が発生します。この活性酸素が細胞を傷つけてしみやシワガできたりします。

また、②免疫機能を低下させるので、雑菌が繁殖しやすくなってにきびができてしまったりするのです。
そのほかにも③ホルモンバランスが乱れて生理周期が狂ってしまったり、自律神経が乱れて便秘や下痢、不眠になったりとストレスはさまざまな影響を及ぼすのです。

ストレスをなくせばよいと考えがちですが、適度なストレスは自分を成長させたり、充実感、達成感、満足感を与えてくれます。
ストレスが一切ないと頭も鈍ってしまうし、体の機能も哀えてしまいます。 定年を迎えて社会的ストレスから開放されると、急に老け込む方が多いということからもわかるよう私たちが生きていくうえで必要なものでもあるのです。

ストレスと上手に付き合うためには健康的な生活を送ることです。運動をし、きちんとした食事をし、ゆっくり寝ることが大切です。

2.季節の変わり目は注意が必要です

季節の変わり目に不調を訴える人は少なくありません。何を試してみても肌トラブルが改善しないとむやみやたらに化粧品を変えてしまう人もいます。

季節の変わり目は温度変化や湿度変化などの変化や前の季節に受けたダメージにより肌も免疫機能や抵抗力が低下していると考えられます。
いろいろな化粧品をつけられても肌がびっくりしてしまうだけなので、刺激の強い化粧品は使わないようにしましょう。
美白やアンチエイジングなどの対策はひとまずおいておき、肌が健やかな状態になるのを待ちましょう。

化粧水をつけてしみるのでしたら化粧水をつけるのをしばらくやめにして、油分の多いクリームなどで皮膚を保護してあげましょう。
肌荒れのときは、アイテム数を減らしてシンプルなケアにするのが肌荒れを早く治すコツといえます。

また、季節の変化に体もついていけない状態なので、睡眠不足を避け、規則正しい食生活にするなど日常生活も見直してみましょう。
体が健康になれば肌も健康になるのです。

コメントは受け付けていません。