一ヶ月の肌のリズム

肌の1ヶ月のリズムといえば前述したように女性ホルモン等の関係による変化です。
女性の体には、個人差はありますがおよそ1ヶ月を1サイクルとした生理周期があり、これはエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが関係しています。

エストロゲンは、脳下垂体から送られてくる卵胞刺激ホルモンの指令によって卵巣から分泌されるホルモンです。
卵胞を育て、子宮内膜を厚くし、妊娠出来る体制を作ります。
肌にかかせないコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し、女性らしい身体を作ります。

プロゲステロンは脳下垂体からの黄体形成ホルモンの指令によって、卵子が排出されたあとの卵胞が黄体化したものから分泌されます。
こちらは受精卵の着床準備で子宮内膜をふかふかにしたり、水分を蓄えたりします。
皮脂分泌を活発にしたり、シミをできやすくすることに関係しているといわれています。

生理周期を四つの時期に分けて考えてみます。

月経期

生理中です。エストロゲン、プロゲステロンの分泌が少ない時期です。
体温が低く血行も悪くなりがちです。血液にのって身体の細部にまで送られていく酸素や栄養が不足しがちになり肌も乾燥しやすくなります。
生理痛で辛く感じる人も少なくなく全体的に低調な時期といえるでしょう。
冷え対策と乾燥対策が必要です。保湿重視のケアが必要です。

 

卵胞期

排卵に向け、エストロゲンの分泌が最大になります。
エストロゲンの影響を受け肌の調子もよく生理周期の一ヶ月間の中で一番調子の良い時期です。
だからといって肌のお手入れの手を抜いても良いというわけではなく、日頃気になっている部分のケアを集中的におこなって更なる美は惰力アップを目指しましょう。

 

黄体期前期

エストロゲンの分泌が急激に減少し、プロゲステロンの分泌が逆転して活発になります。
エストロゲンの減少と共にお肌の調子も次第に落ちていきます。
卵胞期のお手入れがそのときだけのもので終わらないように肌の保湿機能やバリア機能の強化を図りましょう。
角層を育て、肌力を高めておきましょう、

 

黄体期後期

エストロゲン、プロゲステロンの分泌が共に減少します。
生理直前でさまざまな不調を感じる時期です。PMS(月経前症候群)を感じる人も少なくありません。
肌がオイリーに傾き、ニキビや吹き出物が出来やすくなります。
紫外線に過敏に反応してしまう方も多くシミやソバカスができ易い時期でもあるのでUVケアは欠かせません。

 

自分の生理周期を把握して、その時期に合わせたケアを行うようにすると肌トラブルも少なくてすみます。

コメントは受け付けていません。