入浴の効果

寒い日にお風呂につかるとホッとしますね。身体を温めるだけでなくリラックス効果もある入浴です。
乾燥対策としてうるおいケアまで出来たらサイコーですね。
効果的な入浴方法を考えてみましょう。

半身浴は効果があるのか

半身浴の効能がいろいろと言われています。半身浴で代謝が上がり、太りにくくなるとか、冷え性が治るとか言って美容のためにと半身浴を続けている方もいるのではないでしょうか。
でも、もともと半身浴というのは肥満や高血圧と言った生活習慣病の患者さんが身体に負担をかけないように、血圧の急激な変動が起こらないようにと、みぞおちのあたりまで湯につかって入浴をすることで突然死のリスクを減らそうと推奨されたものです。
健康な人には当てはまりません。全身浴の方がよいです。40度程度のお湯に15分くらいつかるので十分です。
入浴後20~30分で布団に入ると、入浴後の体温下降のタイミングが良くすっと眠りにつくことができます。
遅い時間まで半身浴を続けるよりは、全身浴でさっとあがり、その分早目に就寝をした方が健康的です。

 

入浴の最大の効果はリラックス

入浴そのものには美肌効果はありません。また、冷え性が改善できるといったこともありません。
入浴の効果はストレスの解消や筋肉の緊張を解くといったリラックス効果にあります。
筋肉や神経の緊張をほぐすために落ち着く香りを取り入れたり、照明に工夫を凝らしたりして快適な空間を作り上げましょう。
湯船の中で温まった体に、マッサージやストレッチを行うと筋肉やリンパがほぐれやすく効果が感じやすくなります。
忙しいからとシャワーだけで済ます方もいますが、シャワー後の水分の蒸発はお風呂に使った時と変わらなく起こります。
入浴の効果がなく乾燥効果だけを引き起こすので、特に乾燥する冬場にシャワーだけで済ますのはやめましょう。
お湯につかるだけで皮脂の汚れは流れてしまうので、毎日全身を洗う必要はありません。
時間がなくてもお湯につかる習慣をつけた方がうるおいアップにつながります。

 

効果的な入浴方法

お風呂は気持ちよく沸いていても、バスルームは寒いという家は結構あります。
寒いバスルームに入った瞬間体は緊張してしまいます。それをほぐしてからではないと入浴効果があらわれないのでもったいないですね。
出来れば1分くらい熱めのシャワーを出しておいて室温をあげておきましょう。効果的なバスタイムが期待できます。
身体を洗う時はたっぷりした泡でマッサージをしながら洗うと効果的です。
タオルを使うとどうしてもごしごしと洗ってしまうので、手で優しく洗いましょう。
湯船の中でも足の指やふくらはぎをマッサージしたり、足首を伸ばしたり曲げたりしてストレッチをすると筋肉がほぐれているのでのばしやすくなります。

コメントは受け付けていません。