頭皮もうるおいたいのです

頭皮も乾燥します

皮膚は全身つながっています。顔や手足が乾燥するということは頭皮も乾燥するわけです。
頭皮が乾燥すると、フケやかゆみが起こります。
また、頭髪も乾燥してパサついたり切れ毛が増えたりします。

頭皮と頭髪も乾燥対策が必要ということですね。

効果的なシャンプー方法

シャンプーは髪の毛を洗うものだと思っていないでしょうか?
本当は頭髪よりも頭皮を洗うことを考えなくてはいけないのです。
頭皮には顔の約3倍もの皮脂腺があるといわれています。この皮脂腺から皮脂が分泌されるので髪全体に皮脂がいきわたって髪のツヤが生まれます。
でも、頭髪がしっかりと洗えていないと、汚れが毛穴を詰まらせてしまうので皮脂が分泌されず頭皮トラブルの原因になります。
顔の皮脂腺と同じことですね。顔は優しく汚れを取りますが、頭皮はある程度力を入れて汚れをもみだすようにして洗うのが良いでしょう。

1まず、汚れを浮かすために神と頭皮をブラッシングします。ブラッシングは力任せに行うと切れ毛や枝毛を作り出すことになってしまうので、毛先から滋徐々に優しくとかしていきます。頭皮も下から上へと汚れをかき出すようにブラシを動かします。
2シャンプーは直接頭に振りかけるのではなく、手に取ってから頭にまんべんなくいきわたらせます。

3シャンプーはしっかりと泡をたて、指の腹で頭皮をなでるように行います。もみあげから頭頂部へ向かって、襟足から頭頂部へ向かってと下から上に向けて洗いましょう。
1回目はスタイリング剤やほこりを落とすために洗います。
2回目は頭皮の皮脂や毛穴の奥の汚れを落とします。この時頭皮をつかむようにして頭頂部全体をもむと頭皮の毛穴にこびりついている汚れも浮かせることができます。

4しっかり洗えたらシャワーで全体を洗い流します。泡が残らないようにしっかりとそそぎましょう。襟足や生え際などすすぎ残しをしやすい部分は特に入念に流しましょう。

5髪の水けをきり、コンディショナーやトリートメントをつけます。髪の中間から毛先まで付けた後、根元から毛先に指を通して馴染ませます。
数分間放置した後、丁寧に洗い流しましょう。

6髪が痛まないように抑えるように水けを拭き取り、ドライヤーで髪の根元からしっかりと乾かします。髪を濡れたままにしておくと雑菌などが繁殖してトラブルのもとになるので、シャンプー後はすぐに乾かすようにしましょう。

週末スペシャルはオイルパック

ナチュラルオイルをシャンプー前の頭皮になじませ、優しくマッサージし、髪の毛全体にも行き渡らせます。
30分以上置いてからすすぎ、そのあとは普通にシャンプーをします。
髪がべたつくのではと心配する方もいますが、サラサラで毛先までまとまる神になりますのでぜひお試しください。

コメントは受け付けていません。