乾燥肌対策のセラミド配合化粧品の選び方

bece23549ca6ff24b553f8755c7fe4de_s

乾燥肌対策にはセラミド配合化粧品がもっとも適していると言えます。

さらに、スキンケア化粧品メーカーも乾燥肌対策用スキンケアシリーズには必ずと言っていいほど配合されていますよね。

で、あるにも関わらずセラミドなら何でもいいという知識不足によって、セラミド難民などという言葉もあるように、乾燥肌に悩む人たちが化粧品ジプシーになっているのも事実です。

セラミドの種類によって、自分にあったセラミドを見つける方法は他の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。(参考:乾燥肌対策成分セラミドを知ろう!

さて、自分に合ったセラミドが何かが分かったとしても、まだ悩むポイントがありますよね。

それは、選ぶ化粧品は「どのくらいセラミドが配合されているのか」、「価格に見合う効果が得られるのか」ではないでしょうか?

それを判断する基準には、原料と価格によってある程度判断できます。

セラミドの原料によってセラミドの種類も変わる

では、原料を元に確認していきましょう。価格・効果は天然セラミドが一番高く、順にヒト型セラミド>植物性セラミド>合成セラミドとなります。

天然セラミド

天然セラミドは昔は牛から採取されていましたが、BSE問題が起こった後から馬から採取されはじめ、現在では馬の脳や脊髄などから抽出したセラミドが使用されています。

化粧品の成分表記には「ウマスフィンゴ脂質」と表記されており、特徴としては動物由来成分なので人の角質層細胞間脂質と非常によく似ているため、保湿機能が高く壊れたバリア機能の修復にも役立ちます。

アトピー性皮膚炎や敏感肌の人の保湿にとても有効ですが、天然=絶対安全ではありませんのでかならずパッチテストを行ってから使用しましょう。

価格帯としてはセラミド原料の中では一番高いものです。もし天然セラミドを謳っているのに安価な化粧品は配合量がほとんどない可能性が高いです。

テクスチャは原料自体がドロっとしたクリーム状のものなので、水のようなテクスチャのものも配合量が少ないと見てよいと思われます。

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは酵母を利用して人のセラミドの化学構造と同じ構造に生成したセラミドです。

人のセラミドに非常によく似ているため、浸透力・保湿力ともに優秀です。

化粧品表記には「セラミド1」「セラミド2」などのように数字で表記されています〔海外製の場合は元素表記(アルファベット)が多いようです〕。

天然セラミドよりも原料が安価なため、化粧品にもっとも使用されています。

テクスチャも粘性があります。

植物性セラミド

植物性セラミドは米ぬか油や小麦胚芽油などから抽出した植物由来のセラミドです。

化粧品表記には「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」などと表記されています。

原料にアレルゲンが含まれている可能性が高いので、米、大豆、麦などのアレルギーを持っている場合は天然セラミドもしくはヒト型セラミドを選びましょう。

最近ではアレルゲンのないコンニャクを原料にしたセラミドが安価ということもあり、かなり増えてきています。

テクスチャとしてはさらりとした感触で粘性は低いです。

合成セラミド

科学的にセラミドに似せて生成しているものを合成セラミドと呼びます。

そのため、ヒト型セラミドも合成セラミドに含まれますが、以下では石油を原料としているもののみを指します。

セラミドに似せて科学的に作られたセラミドではありますが、効果は本物にはかないません。

化粧品表記には「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」「ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド」などと表記されています。

このセラミドが作られた理由としては、生物からセラミド2を作り出すことが非常に難しく、セラミド2の代替セラミドとして使用されており、非常に安価。

合成セラミドは化粧品表記ではセラミドと表記されることはなく、化粧水などに配合されていることが多いです。

コメントは受け付けていません。