ファンデーションの種類

ファンデーションも流行りがありますが、素材の違いによって肌への刺激も違ってきます。
それぞれの特徴を良く知り、自分の肌に合ったものを使うのが肌トラブルを引き起こさないための最善の方法です。

ファンデーションの種類

ファンデーションは大きく4つの種類に分けることができます。

1、リキッドファンデーション

乳液上のベースに細かい粒子を混ぜて作っています。カバー力が高いものが多く、伸びも良いものがほとんどです。
むらなく仕上げやすいので良く使われているタイプです。
しかし、界面活性剤や防腐剤が使われているため、肌への刺激が強くなってしまいます。

2、パウダーファンデーション

顔料の粒子の表面をシリコンなどでコーティングしてできています。粉末状のタイプや固形状に固めたタイプなどがあります。
リキッドやクリームタイプに比べて添加物が少ないです。

3、クリームファンデーション

クリーム状のベースに顔料の細かい粒子を混ぜて作られています。リキッドタイプよりも油分を多く含んでいます。
界面活性剤や防腐剤も使われているので肌への刺激は強くなります。

4、練り上のファンデーション

顔料に油分を加えて練り上げたものです。界面活性剤や防腐剤は少なめです。
パウダーファンデーションより伸びが良く粉うきしません。

 

乾燥肌にリキッドファンデーションが良いという思い込み

 

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは肌に良く馴染むものが多く肌がしっとりと仕上がるイメージがあります。
乾燥肌の方なども肌なじみの良さに引かれてリキッドタイプのファンデーションを使う方が多いのではないでしょうか。
でも、ちょっと待ってください。

水分を含んでいるファンデーションは、乳液上のものに肌色の顔料(粉末)を混ぜて作ります。
そのため、パウダー状のものより界面活性剤が多めに加えられています。
また、水を含んでいるものは腐りやすいので防腐剤も配合されることになります。

界面活性剤や防腐剤などの添加物は配合量が多いほど肌への刺激も強くなってしまいます。
乾燥や老化を進めてしまう原因となるため、乾燥肌や敏感肌の方には日常使いとしてはあまりお勧めできません。
ファンデーションだけではなく、化粧下地もリキッド状やクリーム状のものは同じことが言えますから注意しましょう。

肌に一番負担がないのは水分を含んでいないパウダーファンデーションです。
添加物の配合が少ないので肌への負担があまりありません。

練り状のファンデーションも添加物は少ないのですが、油分が多目のものはニキビが出来やすいタイプの方には不向きですので、油分の量を確認して使うと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。