敏感肌?乾燥肌?見分け方は簡単です

見分け方

敏感肌と乾燥肌は違う

敏感肌と乾燥肌

両者の違いを明確に言えますか?

病院へ行って皮膚科の医師に聞いても、上手に説明できないかも知れません

 

何故なら、敏感肌などという病名は存在しないからです

何となくは分かっている人も多いのですが、敏感肌とは、化学物質や刺激などによって赤みが生じる

若しくは、痒くなったりする肌質の人を言います

 

肌が弱いと呼ばれる人たちも、このグループに属します

あれ?アトピー性皮膚炎などのアレルギーとは違うの?と思われたかも知れません

アレルギーの場合は、ダニや花粉に代表されるアレルゲンが体内に侵入して、反応を起こします

 

敏感肌の場合は、アレルゲンの有無は関係ありません

肌に刺激を受けると、荒れてしまうのが特徴なのです

 

一方乾燥肌については、肌に水分が無く、カサカサしている肌質を言います

アレルゲンも刺激も関係ありません

 

共通の原因はセラミド不足?

ただし、乾燥肌も敏感肌も共通して言えるのは、セラミド不足が原因となっていることです

セラミドが十分足りていると、肌は水分を保ち、ぷるぷるとした透通る肌となります(個人差は当然あります)

また加齢とともに、セラミドの量は減少していくので、乾燥肌は若者より高齢者の方が多いのです

 

ところが、セラミドは保湿剤やサプリメントなどで補給しても、数が増えたりすることはありません

食生活を変えても、野菜を中心とした食事をしても、セラミドの量が増加したりはしないのです

無意味なことをする人に限って、乾燥肌に保湿剤は良くない

敏感肌には、化粧水は刺激になるなどといって、スキンケアを怠る人が多いのです

 

乾燥肌も敏感肌も保湿は行うべき

もちろん低刺激で、パラベンなどが含まれていないものに限りますが、とにかくしっかり保湿はしておくべきです

肌が乾燥していると、外部からの刺激を受けやすいのです

また、敏感な肌質だからこそ、保湿剤などで、刺激から肌を守らなくてはなりません

 

化粧水も、保湿剤も付けないということは、弱い肌を刺激に対して剥き出し状態でさらしていることになります

確かに、内的なアプローチによって、症状が改善されるケースも多々あります

しかし、基本はまず保湿なのです

 

乾燥肌も敏感肌も、肌の状態に違いは確かにあります

ところが、スキンケアについては全く同じ方法を取っても、何ら問題ないと言っても良いでしょう

コメントは受け付けていません。