乾燥肌についてどこまで知っていますか

乾燥する肌

乾燥肌とは

「肌が乾燥する」「かさつく」というのは多くの人が抱える悩みの一つです。
自分は乾燥肌だからお手入れに気をつけなくてはという方も多いですが、乾燥肌とは何かということをきちんとわかっていない方がほとんどのようです。
勘違いをしていて、自分の肌状態にあわないお手入れをしていても肌トラブルは改善しません。そこで、乾燥肌について考えて見ましょう。

乾燥肌とは、角質層の水分が少なくなることです。健康な角質層は20%ほどの水分を含んでいます。乾燥肌とはこの水分量が20%以下になった状態を言います。

では、どうして角質層の水分が減少し、乾燥肌になってしまうのでしょうか。
それは、肌のセラミドが減少するからです。加齢や肌の洗いすぎによって肌の潤いを守るセラミドが失われると肌は乾燥しやすくなります。
「エアコンで空気がより乾燥するので肌が荒れてしまった」とか「空気が乾燥すると乾燥肌になる」などとよく言われますが、人間の体には自己治癒能力があるので外界からの影響を受けて体の状態が変化することはほとんどありません。
夏になると暑いから体温が上がり、冬には逆に下がってしまうなどということがないのと同じです。乾燥するのはあくまでも肌の内部の問題ということになります。

はだのうるおいのしくみ

肌の潤いにとってセラミドが大切な役目を果たしていることはわかったと思います。では、セラミドはどうやって作られるのでしょうか。
健康な皮膚のターンオーバーは4週間だといわれています。
4週間かかって基底層で生まれた表皮細胞が徐々に押し上げられていき、角質細胞に変わります。
この4週間の間に表皮細胞の中でセラミドなどの資質が合成されていき、角質細胞に代わるときに資質が細胞の外に放出されて細胞の周りを埋め尽くします。これが角質細胞間脂質と呼ばれるもので、細胞同士をつなぎとめ、水分を抱え込む働きをします。
角質細胞間脂質はセラミド、遊離脂肪酸、コレステロールなどからできていますが、セラミドが水分保持機能のほとんどを担っていることが研究でわかっています。

セラミドは水分をサンドイッチ上に挟み込む性質を持ちます。ミルフィーユのような構造で水分を保っているのですが、この水は湿度が0になっても蒸発しないし、気温が-30度になっても凍ってしまうことはありません。セラミドの保水力で人間は砂漠のような乾燥地帯でも、局地のような極寒地帯でも生きていくことが出来るのです。
ということは、セラミドが正常に機能していればいくら空気が乾燥しても肌は乾燥しないはずです。乾燥肌になるのはあくまでも肌内部のセラミド不足です。
そうはいっても、冬場の乾燥時期やエアコンの効いた室内で肌の乾燥を感じる人がいるのも確かです。でも、同じ環境にいる人すべてが肌乾燥を感じるわけではないですよね。
もともとセラミドが不足している人が、より乾燥した場所で乾燥を感じるということでしょう。
ただし、髪の毛や体から水分が蒸発してしまうのも事実です。
乾燥肌と体内の水分量の減少とは分けて考えると良いですね。

コメントは受け付けていません。