乾燥肌を治すビタミン

ビタミンACE

乾燥などの肌トラブルを改善したいときに使いたいサプリメント。

変なサプリメントを飲むよりだったら、やっぱり摂りたいのはビタミンCとビタミンEです。

特に不足しがちなビタミンなので、食事でも補えない分はサプリメントを活用して不足しないようにしたいものです。

ですが、ビタミンで乾燥肌って治せるものでしょうか?

答えは「NO」です。

乾燥はビタミンで治すことはできないのです。

乾燥肌を防ぐビタミンACE

そもそも肌が乾燥する原因は未熟な角質によるセラミド不足です。

未熟な角質になってしまうのはターンオーバーが早いためです。

それを正常なサイクルにするためには、健康な肌が生成されるようにする必要があります。

その肌の生成を補助するのがビタミンの役目です。

肌の生成を補助するビタミンと欠乏しやすいビタミン

とくに肌の生成に重要な役割をするのが、ビタミンA、C、Eです。

ビタミンAは実は緑黄色野菜など食品に多く含まれているので、普通の食事だけでも欠乏しにくいです。

ですが、ビタミンCは壊れやすいなどが要因となり不足しがちです。

ビタミンEに関しては含有している食材が少ないこともあり、こちらも不足しがちなビタミンです。

そのため、不足しがちなビタミンはサプリメントで補給するようにしましょう。

ですが、ビタミンをたくさん取り過ぎても、タンパク質が足りていなければ意味がありません(参照:乾燥肌を防ぐ食事のコツ5-良質なタンパク質を摂ろう)。

また、たくさん摂ったからと言って薬ではありませんから、すぐさま乾燥肌が治るというものでもありません。

ビタミンとは乾燥しにくい肌を作る補助をするものと考えましょう。

ビタミンの取り過ぎや摂り方に注意

ビタミンが不足しないようにサプリメントなどを活用して補充してほしいのが、ビタミンCとビタミンEです。

しかし、このビタミンですが摂り方を間違えると有効的に働かなかったり、過剰摂取すると体に害が起こるという報告も実はあります。

ビタミンCは体に蓄積されにくい栄養素で、摂取してもすぐに尿中排出されてしまいます。

一度に大量に摂取しても、すぐに排出されてしまいますので、こまめに摂取する必要があります。

サプリメントで補給するのであれば、毎食後に摂取することをお勧めします。

ただし寝る前に飲むと睡眠を阻害されることがあるため、睡眠前は控えた方がよいです。

ビタミンCは過剰摂取すると尿路結石のリスクがあるという報告がありましたが、現在は否定されています。

ビタミンEは過剰摂取すると骨粗しょう症のリスクがあると報告されていますので、各サプリメントで規定された量をオーバーしないように摂取しましょう。

コメントは受け付けていません。