まだパラベンが乾燥肌に悪いと思っているのですか?

パラベンサムネイル

本当にパラベンは乾燥肌に悪いのか?

パラベンは防腐剤の一種で、日本の化粧品・化粧水の大半に使用されています

ネットでは、パラベン=肌に悪いという風潮があります

しかし、必ずしも、パラベンンの含まれている化粧品や化粧水が、肌に悪影響を与えるというわけではありません

 

まず、化粧品メーカーなどに、パラベンが含まれていることで、肌が荒れたなどというクレームが入ってないことがあげられます

もちろんモニターテストの際にも、安全だというデーターが取れているから、販売されているわけなのです

 

一方、大学病院などでも、そのような実験は行われてないのです

パラベンは何故問題視されたのか?

皆さんは指定成分という言葉を聞いたことありますか?

無い人でも、容器などに書かれている成分表くらいは知っているはずです

パラベンは、指定成分の中に含まれているので、アレルギーを起こす可能性のあるものとして、表示されなければなりません

 

厚生労働省が決めている定めなので、パラベンが含まれている化粧品や化粧水には、必ずアレルギー反応を起こす可能性のあるものとして、表記されているのです

直接肌に塗るもので、さらに化学物質

アレルギーを持っている人なら、絶対に避けたいと思いますよね

 

乾燥肌の人も同じで、自分の肌は人よりも弱い

だから、防腐剤で使われているパラベンなんて、絶対に使いたくない

ノーパラベン信者の誕生です

当サイト推薦

パラベンフリーもランキング

乾燥肌化粧水おすすめランキング

何故エタノールには無関心?

パラベンと似た作用を持つもので、フェノキシエタノールと呼ばれるものがあります

防腐剤の一つですが、パラベンと比べてば、刺激はエタノールの方が強いのです

消毒剤ですから、肌に悪影響を与えやすいですよね

 

ところが、フェノキシエタノールについても、肌が荒れたなどというデーターはありません

化粧品会社の隠ぺいだ!と言えばそれまでですが、信頼できるデーターがないのが実情です

パラベンだけは叩かれているのに、エタノールについては、消費者は無関心です

 

敏感肌やアレルギーの方が、まっ先に気にしなければならないのは、エタノールなのです

含有量さえ気にしていればいい

だから、パラベンが含まれている化粧水は全て良くないというのは、かなり誤った考えになります

もちろん、化学物質である以上、ある程度の濃度を超えれば、人体には有害になります

人体が刺激を感じるのは、フェノキシエタノールで1%以上となっています

 

1%を超えると、肌に刺激を感じてしまいます

つまり、貴方が今まで使った肌に合わなかった化粧品や化粧水で、フェノキシエタノールやパラベンの含有量が1%以下だとすれば、違う成分で肌が荒れた可能性が高いのです

 

最近では、アレルギーや肌が弱い人も多いので、昔に比べて成分としては、ほとんど含まれていないケースもあります

つまり、パラベンが入っているから使わないのではなく、含有量も細かくチェックした方がいいのです

 

腐った化粧水を使うよりマシ

化粧水の成分の大半は水です

だから、腐ることもあるのです

防腐剤は、腐食を止めるために入っています

 

また、人間の肌に生息する常在菌は、数えきれないほどいます

常在菌のバランスが崩れたときに、アレルギーを発症することは、医学的にも証明されています

だからこそ、腐った化粧水などを使用する方が、パラベン入りのものを利用するより、はるかに悪影響だと言えます

 

 

コメントは受け付けていません。